IntelliJ IDEAのScalaプラグインのsbtシェルのヒープサイズを設定する

sbtシェルは便利ですが、ヒープサイズが小さくてOutOfMemoryErrorが出てしまう場合があります。

そのようなときはIntelliJの設定画面からsbtの設定を開き、最大ヒープサイズを適切な値に設定します。

これによってsbtの起動時に-Xmxが指定した値に設定されるので、メモリ不足が解消します。


Lightsail インスタンスにSSHで接続する

キーを取得する


デフォルトキーで作成している場合には以下のページからダウンロードできます。


キーをダウンロードして ~/.ssh ディレクトリに保存します。

キーのアクセス権限を変更する


chmod 600 ~/.ssh/LightsailDefaultKey-ap-northeast-1.pem

インスタンスに接続する


ssh -i ~/.ssh/LightsailDefaultKey-ap-northeast-1.pem bitnami@<hostname>

macOSにおけるnode.js環境構築手順 2020

2020年11月12日時点での、macOSにおけるnode.js環境の構築方法について記録しておきます。

インストールするもの

homebrew、nodenvはわかりますがanyenvというのは見慣れないですね。

どうやら *env といった環境管理ツールを管理してくれるというメタなツールのようです。

言語やツールごとに増えがちで管理も難しいので嬉しいです。

実はjenvとかも管理できるようなので、Java/Scala使いにも嬉しい可能性があります(未検証)。

Homebrew

Homebrewをインストールする方法はScalapediaにて解説済みなのでそちらをご覧ください

macOSにsbtをインストールする方法|Scalapedia

anyenv

brew install anyenv

nodenv

anyenv install nodenv
nodenv init

以下のようなコマンドをどこかに記述する必要があります。

eval "$(nodenv init -)"

nodenv initの実行時の出力に、どこに記述すればよいのかが明らかにされます。
これを参考に追記しましょう。

今は一般的には ~/.zshrc に追記することになるんですかね。

node.js

nodeの一覧を最新に更新します(インストールしたては不要)

brew upgrade nodenv node-build

一覧を表示します。

nodenv install --list

表示した中で必要なnodeをインストールします。

nodenv install 14.15.0
nodenv global 14.15.0

installだけではまだ全体に反映されません。
global コマンドを使用すると、バージョンが固定されます。

特定のディレクトリのnodeを固定するには local コマンドを使用します。

nodenv local 14.15.0